top10.tekkai.com

楽天ブックス - 本,CD,DVD,など
[ジャンル選択]

文庫 - 人気10

三千円の使いかた三千円の使いかた
発売日: 2021年08月20日
(著)原田ひ香
出版社: 中央公論新社
就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか?
傲慢と善良傲慢と善良
発売日: 2022年09月07日頃
(著)辻村深月
出版社: 朝日新聞出版
婚約者・坂庭真実が忽然と姿を消した。その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになるー。彼女は、なぜ姿を消したのか。浮かび上がる現代社会の生きづらさの根源。圧倒的な支持を集めた恋愛ミステリの傑作が、遂に文庫化。
百鬼夜行抄20百鬼夜行抄20
発売日: 2023年02月21日頃
(著)今市子
出版社: 朝日新聞出版
連載開始から23年を超え、シリーズ累計580万部突破の超人気タイトル!普通の人間にはない妖魔と通じ合う力を持っているために、幼い頃から魑魅魍魎に狙われながら成長した大学生・飯島律。彼を守護するのは、亡き祖父・飯嶋蝸牛が従えていた強力な妖魔・青嵐。そして力は弱いが忠実でユニークな妖魔・尾白と尾黒。さまざまな妖魔が平穏なはずの日常に忍び込み、律とその家族を次々と奇妙な事件に巻き込んでいく……。■「Nemuki+」コミックスの試し読みは、公式試し読みサイト「ソノラマ+」まで!
カケラカケラ
発売日: 2023年01月20日
(著)湊かなえ
出版社: 集英社
美容外科医の橘久乃は幼馴染みの志保から「痩せたい」という相談を受ける。カウンセリング中に出てきたのは、太っていた同級生・横網八重子の思い出と、その娘の有羽が自殺したという情報だった。少女の死をめぐり、食い違う人びとの証言と、見え隠れする自己正当化の声。有羽を追いつめたものは果たしていったいー。周囲の目と自意識によって作られる評価の恐ろしさを描くミステリー長編。
荒ぶるや 空也十番勝負(九)荒ぶるや 空也十番勝負(九)
発売日: 2023年01月04日
(著)佐伯泰英
出版社: 文藝春秋
京の都。祇園感神院の西ノ御門前で空也は、往来の華やかさに圧倒されていた。法被を着た白髪髷の古老が空也の長身に目をつけ、ある提案を持ちかける。姥捨の郷では眉月らが空也の到着を待ちわび、遠く江戸の神保小路ではおこんや磐音がその動向を案じる中、武者修行は思わぬ展開を迎えることに。そこへ、薩摩の影が忍び寄り…。
シャイロックの子供たちシャイロックの子供たち
発売日: 2008年11月
(著)池井戸潤
出版社: 文藝春秋
ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪…!?“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績…事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作群像劇。
都市間戦争都市間戦争
発売日: 2023年02月07日頃
(著)アルント・エルマー/ペーター・グリーゼ
出版社: 早川書房
見知らぬ部屋で目覚めたローダンは、ここがヘクサメロンの法廷だと知らされ、外に出ると二都市間の昆虫生物の戦争に巻きこまれる
自転しながら公転する自転しながら公転する
発売日: 2022年10月28日
(著)山本文緒
出版社: 新潮社
母の看病のため実家に戻ってきた32歳の都。アウトレットモールのアパレルで契約社員として働きながら、寿司職人の貫一と付き合いはじめるが、彼との結婚は見えない。職場は頼りない店長、上司のセクハラと問題だらけ。母の具合は一進一退。正社員になるべき?運命の人は他にいる?ぐるぐると思い悩む都がたどりついた答えはー。揺れる心を優しく包み、あたたかな共感で満たす傑作長編。
仕事も人生もうまくいく整える力仕事も人生もうまくいく整える力
[禅が教えてくれる98の養生訓]
発売日: 2022年12月19日頃
(著)枡野俊明
出版社: 三笠書房
まずは朝の時間を整えて、体調をよくすることから。シンプルだけど効果的ー心、体、生活をすっきり、すこやかにするヒント。
エゴイストエゴイスト
発売日: 2022年08月05日
(著)高山真
出版社: 小学館
「母が死んで、『死にたい』と思っていた僕の何かは死んだ」。14歳で母を亡くした浩輔は、同性愛者の本当の自分の姿を押し殺しながら過ごした思春期を経て、しがらみのない東京で開放感に満ちた日々を送っていた。30代半ばにさしかかったある日、癌に冒された母と暮らすパーソナルトレーナー、龍太と出会う。彼らとの満たされた日々に、失われた実母への想いを重ねる浩輔。しかし、そこには残酷な運命が…。龍太と母を救いたいという浩輔の思いは、彼らを傷つけ、追いつめていたのか?愛とは、自らを救うためのエゴだったのか?巻末には俳優・鈴木亮平の特別寄稿を収録。
変更履歴: