top10.tekkai.com

楽天ブックス - 本,CD,DVD,など
[ジャンル選択]

総合誌 - 人気10

Tarzan884号 [雑誌]Tarzan884号 [雑誌]
発売日: 2024年07月18日
出版社: マガジンハウス
週刊文春 2024年 7/18号 [雑誌]週刊文春 2024年 7/18号 [雑誌]
発売日: 2024年07月11日
出版社: 文藝春秋
AERA (アエラ) 2024年 7/29号 [雑誌]AERA (アエラ) 2024年 7/29号 [雑誌]
発売日: 2024年07月22日
出版社: 朝日新聞出版
週刊現代 2024年 7/27号 [雑誌]週刊現代 2024年 7/27号 [雑誌]
発売日: 2024年07月16日
出版社: 講談社
サンデー毎日 2024年 8/11号 [雑誌]サンデー毎日 2024年 8/11号 [雑誌]
発売日: 2024年07月30日
出版社: 毎日新聞出版
Tarzan(ターザン)増刊 2024年 5/9号 [雑誌]Tarzan(ターザン)増刊 2024年 5/9号 [雑誌]
発売日: 2024年04月18日
出版社: マガジンハウス
Tarzan878号通常版とTarzan878号増刊号は、表紙のみが異なり内容は同一です。気持ちいい薄着の季節が到来!カンタンな習慣の改善で、スッキリお腹を手に入れられます。ゴールデンウィーク、そして夏本番に向けて、腹回りが気になる季節。凸った腹を、日々の習慣を少し変えることで、フラットな腹へと導いていく人気の特集です。「今年こそバキバキに割るぞ」と拳を高く突き上げる必要はありません。「割る」のではなく、まずは「凹ます」ことが今回のファーストターゲットなのだから。「割る」と「凹む」の違い、「凹む」とはどういうこと、お腹が出ることでのカラダに与える弊害などの紹介から、特集はスタートします。そして、ストイックなフッキンや過度な食事制限ではなく、座り方や姿勢、食事のコツ、手軽にできるエクササイズなど、毎日実践できる7つの習慣を紹介していきます。でも、7つ全部やる必要はありません。自分の習慣にできそうなものを取り入れてみるだけでOK。少しずつカラダの変化を感じられると、見えてくる世界やメンタルまでもが変わってくるのを実感できるはず。お腹を凹ますのは案外カンタンなんです。そして後半では、腹が凹んだあとのネクストステップ、腹を割るモードへ。タイパがいい短時間・低回数のフッキントレ、ちょっと厳し目の食事管理を提案します。腹をまずはフラットにして、最終的には割っていくことにもアプローチ。薄着になるこれからのシーズに向けて、理想の腹を手に入れられる一冊です。センター綴じ込み企画は、圧倒的熱量を持つサッカー作品『ブルーロック』をフィーチャー。劇場版公開を記念して、その主人公・凪 誠士郎と、相棒・御影玲王の体幹トレ、元・日本代表・槙野智章さんによる作品分析などのスペシャルコンテンツを用意しました。
AERA (アエラ) 2024年 7/15号 [雑誌]AERA (アエラ) 2024年 7/15号 [雑誌]
発売日: 2024年07月08日
出版社: 朝日新聞出版
百田夏菜子さんがAERAの表紙に登場「年長であり若手。どっちの感覚もちゃんと持っていたい」と「30歳の現在地」を語るAERA7月15日号は、ももいろクローバーZのリーダー、百田夏菜子さんが表紙に登場。今月30歳を迎えるという百田さんが、これまでを振り返りながら「現在地」とこれからを語ります。表紙に登場するももいろクローバーZのリーダー、百田夏菜子さんは、30歳を目前に控えた今について「年長であり、若手。そのどっちの感覚もちゃんと持っていたい」と語ります。そして、「昔よりも丁寧な走り方ができている」とも。人生の半分以上を芸能界で過ごし、昨年、結成15周年を迎えたももクロを牽引してきた百田さんは「昔よりその世界を自分なりに生きていく、楽しんでいく方法を、経験の中で知ることができている」と話します。女性アイドルの新しい生き方を示すアイコンとも言える百田さんの今が詰まっています。表紙とグラビアの撮影はもちろん蜷川実花。黒いシックなドレスに身を包み、大人っぽさとかわいらしさが混在する百田さんの様々な表情をとらえました。ぜひ誌面でご覧ください。●巻頭特集:インフレに勝つ家計づくり歴史的な円安、物価高、金利上昇……。家計を左右する様々な変化が起きるなか、お金が貯まる家計の仕組みにするにはどうしたらいいのか、実用的な情報満載の特集です。普通預金の金利は10倍になり、個人向け国債の利率も上昇、定期預金はお得なキャンペーンが続々登場しています。情報を知って、各自に合った「お金の置き場所」を考えることが大事と専門家は言います。一人数枚持つこともあるクレジットカードには、それぞれどんな特徴があるのか、どういう生活習慣ならどのカードが向いているのかも考えます。さらにリスク最小限でお金を増やす「NISA+iDeCo」の運用についても詳報します。●安倍晋三元首相銃撃事件から2年衝撃的な事件から2年がたちました。事件の後、旧統一教会の問題が改めて大きな社会問題となり、政府は教団への解散命令を請求しましたが、いまだ、政治家と教団の関係、宗教2世や高額献金をした被害者の救済など課題は山積しています。そんな中、殺人などの罪で起訴された山上徹也被告の伯父がAERAの単独インタビューに応じました。いま何を語るのでしょうか。この問題を長く取材してきたジャーナリストの鈴木エイトさんのインタビューもあり、多角的に報じています。●米大統領選の行方バイデン氏とトランプ氏の「老老対決」となった米大統領選の候補者討論会。バイデン氏にとっては「最悪の夜」となり、ヨボヨボのパフォーマンスを披露してしまいました。その後「撤退論」も大きくなっています。トランプ氏は勢いを増し、「もしトラ」は「ほぼトラ」とも言われる状況になっています。これには「最大の敗者は有権者」という声も。今後の米大統領選の行方について、米在住ジャーナリストが詳報します。●松下洸平×白洲迅大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、後輩の俳優、白洲迅さんとの対談が続きます。お芝居への想いを互いに語るうちに、ともに大きな影響を受けたある大先輩の話題になりました。二人ともその大先輩からもらった言葉が心に刻まれているとのこと。いったいどの方でしょうか。盛り上がった対談の様子が手に取るように伝わってくる、撮り下ろし写真の数々と共にお楽しみください。ほかにも、・育児と介護を抱えきれない ダブルケア25万3千人の孤独・【女性×働く】非正規雇用「キャリア描けず、生きるので精一杯」・会社を辞めても「いい関係」 アルムナイは“一番身近な社外パートナー”・フィンランド 幸福度ランキング1位の国の安全保障と徴兵制・路面電車のある風景 もう「時代遅れ」と言わせない・カプセルトイ、トミカ インバウンド客に人気・森山未來 「化け猫」を体現したら・2024パリへの道 ボッチャ・杉村英孝・武田砂鉄 今週のわだかまり・ジェーン・スーの「先日、お目に掛かりまして」・現代の肖像 李 承信・ラグビー選手などの記事を掲載しています。
週刊新潮 2024年 8/1号 [雑誌]週刊新潮 2024年 8/1号 [雑誌]
発売日: 2024年07月25日
出版社: 新潮社
週刊新潮 2024年 8/22号 [雑誌]週刊新潮 2024年 8/22号 [雑誌]
発売日: 2024年08月08日
出版社: 新潮社
週刊新潮 2024年 8/8号 [雑誌]週刊新潮 2024年 8/8号 [雑誌]
発売日: 2024年08月01日
出版社: 新潮社
変更履歴: